静夏堂

個人的考えのまとめ。主に音楽や本や映画とかアートとかについて

備忘録

すべての男は一人ぼっちである―ぼっち哲学論考

一人ぼっちのことを「ぼっち」と称し、ここまで広まるようになったのはいつからでしょう。 日常生活だけでなく、ハロウィンやクリスマスなどのイベントごとに、強烈な疎外感と孤立感を味わって、いつしかそれを自虐的に嘆き合う、というのはネット・SNS大普…

カワイイとキレイの違い〜美醜について.1

「人より秀でた才能を挙げろ」と問われたら、自分は「醜いことを瞬時に発見すること」と応えます。ここでも何度か言及しましたが、自分には人の醜い所(イヤな所やマイナスな所)を察知してしまう能力が天才的にあります。検事になっていたら大出世間違いな…

なぜ自分は戦争モノが好きなのか?─最終兵器彼女と沖縄決戦

政治的なことを書くのはしばらく(というか、できればずっと)避けようと思っているのですが、戦争モノについて語りたい欲求が強いので、記しておきます。 まず自分は「戦争に関すること」が非常に好きです。「好き」というと語弊が生じるので、「興味が強い…

デモは手段に過ぎない ─ 国会前デモ見学記

前回の続きです。 反逆への熱狂と興醒め─60年代学生運動を通して - 静夏堂 さる7月15日、安保法案が強行採決され、それに反対するデモが国会議事堂前など各所で行われました。ちょうど自分は所用帰りに寄れる所に居たので、霞ヶ関駅で途中下車しその光景を「…

反逆への熱狂と興醒め─60年代学生運動を通して

反逆、というのが自分は非常に好きです。旧字体で叛逆と書きたいほど、胸が熱くなります。 思えば自分は、そんな叛逆や逆襲モノの作品が好きだったし、歴史で言えば独立戦争やフランス革命やロシア革命やキューバ革命といった事象に強い興味を示してきました…

Carry that weight ─ 安倍晋三氏への私見

政治に入り込むとバカになりそう、とかなり前の記事で書きました。これはあくまで個人的な直感にすぎず、政治に関わっている人が無能だということを意味しません。 むしろ最近は政治に関する本を読む機会に恵まれ、そこで学んだことは「冷めたピザ、サメの脳…

堂々と、書店について

本を買うのはもっぱらAmazon中心になっていますが、週に1回ほどは生書店に足を運ぶようにしています。 書店にゆくメリットは色々あります。 例えば「世の中は今どんな情況なのか」を掴みたかったら、書店にゆくのが最も手っ取り早い。かつ安上がりで真実に近…

僭越ながら、読書について-後篇

前回の続きです↓ 僭越ながら、読書について-前篇 - 静夏堂 ■文学齧り出し期 本を読み始めた頃、小説はあまり読まなかったと書きましたが、10代中頃から有名なものを背伸びして読んでゆきました。当時熱心に見ていた某個人系書評サイトがあって、そこで評価が…

僭越ながら、読書について-前篇

読書家になったつもりは一度もありません。 自分なんてのが読書家なんてとてもとても……と手の平を斜め上に出しては伏し目がちに言いたくなります。一方で「読書家やインテリなんかに、死んでもならんぞ」という変な反発心もあります。もはや絶滅しているであ…

平和学習は役に立ったか?ー思考止揚!

平和学習というのを、戦後生まれの人は皆受けているかと思います。 例に漏れず自分も小学生の時、平和資料館や防空壕を廻ったり調べたことを発表するなど、かなりの時間が割かれていたのを思い出します。戦時中の写真や映像、体験者の話などを通してその悲惨…

私撰高層建築物集・帝都TOKYO篇

建物はお好きですか?自分は大好きです。 建物にも色々ありますが、自分が特に惹かれるのは高層建築です。 最初に「建物としての建物」を意識し印象に残ったのが、高層ビルでした。横浜の幼稚園生だった時、遠足か何かで行ったみなとみらいで眺めた超高層ビ…

頭が良くなる ≠ 愛智

本ブログを開始してから、いつの間にやら1年が過ぎていました。 ありきたりな表現ですが、続けられて来たのも読者の皆様のおかげです。ありがとうございます。 今年に入ってからは事情が重なったり意欲低下したりとペースが落ちているのですが、あくまで「自…

退屈と仕事という刑

人間は自由という刑に処せられている、とは実存哲学の旗手サルトルの言葉として有名です。この命題、ちゃんと理解するには彼の思想を掘り下げてゆかねばならず、自分も不勉強で根本的には分かっていません。が、その文学的表現にはしっくり来るものがあり、…

子供と魔法

大人のありようについて思索する上で、子供について考えるようになりました。 ここで言うのは、子供の社会的立場などに関することではありません。その目線と感覚についてです。また、「子供」と「子ども」という表記の使い分けについて長らく議論されていま…

文章が上手くなるには?

文章が上手い、と自分は一度も思った事がありません。記事を上げる度に「こんなもんじゃないッ!」という歯痒さを覚えロッカーを蹴りたくなります。超欲深い理想屋特有の症状です。 が、書くこと自体には苦痛を感じません。書きたい事が溢れ出してタイピング…

人を動かしたくなるのは何故か?-潜在的な3大欲求

政治家や官僚はじめ、何かを動かしたいという人々が居ます。名目上、世の為に動いている事になっており実際、どんなにクソ政治家と言われようがそんな志が無いとあんな立場に居られません。そして、彼らには2つの欲望が潜在的にあります。それは、支配欲と操…

学校に置くべきマンガ

マンガとアニメが、最も影響力ある娯楽媒体と言えます。少子化で青年向け作品が量産されていますが、これらは基本的に子供のものです。影響力という観点からして、子供と大人では比でない。年端もいかない弟を持っているので、その強さを痛感しています。そ…

選挙ポスターと上手下手

衆院選の余韻が響いています。クリスマスプレゼントなのか、24日の第三次安倍内閣発足まで残響するでしょう。 そんな中、購読しているブログの1つである、ふのい倉津浦さんの『強靭化のすすめ』で面白い記事がありました。 。 - 強靱化のすすめ 小渕政権から…

意識が高い子供と大人の目線

批判的に何事も捉え、叩き散らすのが散見される世は人類史上初です。そんな世の中は決して良いものではありませんが、それほど特異な現象だとは思いません。人間なんてのは、いつの時代も愚痴をこぼし憂晴らしを探す生き物なのです。 そんな中、この頃目立つ…

笑いとダウンタウン

笑い、というのが自分の中で最も価値が高いものです。笑いこそ、人類最大の発明です。どんな音楽や美術や映画だろうが、笑いの前では平伏します。極端な話、命より高いです。もし「死ぬほど面白いのを得ると同時に死ぬ」と「笑いは無いが不老不死」のどちら…

村上隆と歴史に名が残る事と高額な美術作品

歴史に名が残る現代の日本人、で今のところほぼ確定的なのは美術家の村上隆とiPS細胞の山中伸弥教授の2人だと思います。 ここでの「歴史に残る」とは、50年後〜100年後の世界史の教科書に載る、という事を意味します。 なぜ残るのか?答えは、「開拓者、もし…

アニメの下克上とビルドゥングスロマンの終わり

アニメをリアルタイムで観ることが少なくなったのですが、最近映像を考える事情になりザッピング的にですが往年の名作を観たりしています。宮崎・富野の2大スターを中心軸に広げてゆけば、日本のアニメ史は一通り把握できるでしょう。 アニメ・マンガ等の所…

21世紀から見た、20世紀のアイコン

(アポロ8号が撮影した地球の出) 21世紀を経験してから13年経ちました。 超当たり前のことを記しますが、ここまで混沌と混乱と狂熱に満ちた状況は、人類史上かつてありません。この感覚は、百年前も千年前も古代も、逆に百年後も千年後のこれからも変わらな…

生徒会長的人間への嫌悪と回路の模索.人と人の間で生きることについて.3

(Photo by SZK) 人類嫌い、を誤解を恐れず公言している自分ですが、なぜそう考えてしまうのか内省したり、また人と接する機会にも以前と増して積極的に参加するようになったり、他者への理解とお互いの関係回路の模索等を自分なりにしています。この場で、こ…

好き?好き?大好き?ー人と人の間で生きる事について.2

(Photo by SZK) 基本的に、自分には友達が居ません。 ……と、よく口にしてしまうのですが、これには語弊があります。本当の所は「(自分が理想とする友達が)居ない」というのが正しいのです。 これは、極めて一方的で自己中心的でエゴにまみれたものです。…

祭りと祈り

祭りの季節です。うちの近所の神社でも、旧暦に合わせた例大祭が行われています。 自分は昔から祭りというのに惹かれて来ました。なぜかと考えてみると、やはりお正月や結婚式同様「ハレ」すなわち「非日常」を感じられるからだと思います。 祭り囃子が響き…

観光地の宿命−古都を巡って

(Photo by SZK) 京都と奈良という2つの古都を、数日ほど巡って来ました。両方共、初めての地です。 常々行きたいと思っていましたが機会に恵まれず、今回やっと足を踏み入れた次第です。 はじめに、総括的な印象を記します。 それは両地とも、「古都という…

理想屋の憂鬱と快楽

(Photo by SZK) 理想が高い、というのは聞こえの良い言葉かも知れません。それには、大いなる夢と志を抱き高みを目指している精進的な人間、といったようなニュアンスが含まれているでしょう。 ですが、掘り探ってみればこれは「欲深い奴」とも言えます。 …

モノを書くということ─自発的か否か

(執筆中のアーネスト・ヘミングウェイ) 本ブログをはじめて数ヶ月ほど経ち、読んで下さる方も少しずつ増えて来ました。中には深く読まれている方や記事をブログにて言及される方(墓穴 - 強靱化のすすめ (ふのい倉津浦さんのブログ)もおられ、「自分の力…

エロ・グロ・ナンセンス+カオス−サブカルという死語的連綿体

(『さよなら絶望先生』第一期OP) 個人的な所見を述べますと、下北沢や中野ブロードウェイに代表されるようなサブカル店というのが、好奇心満たされて楽しいけれど、苦手です。正確に言うと、そういった表現やモノ自体は面白くて興味深いけど、「サブカル系…

「返事の蔑ろ」と「他者への配慮」 人と人の間で生きる事について.1

(Photo by szk) 誤解を恐れずに書きますと、僕は人が嫌いです。というか、人類そのものが嫌いです。地球からしたらこんなにウザったい生き物は無いだろうし、もし神的なのが世界を創造したとするならば、人類なんてのはどうしようもない失敗作でしょう。その…

「癒し」の時代の終わりとアウフヘーベン

(photo by szk) 自分は、1991年に生まれました。つまり、90年代を幼少期から少年期までを過ごした事になります。その頃のことを振り返ると、基本的に楽しく幸せなことが蘇ります(当然、思い出補正はかかっているものの)。ドブ川が流れる横浜のニュータウン…

『芸術とは何か』読書感想文&個的芸術とは何か?

(ラスコー壁画) 誤解を恐れずに書きますと、自分はいわゆる「芸術」なんてものに価値は全く無いと考えています。ここで言う価値とは、「日常必需品」としてのそれです。極例を出せば、飢餓に陥っている人の前でモナ・リザと一欠片のパンのどちらかを選べと…

大人と子供の消滅☆ニュータイプとスターチャイルドは生まれるか

自分は幼い頃から、「子供らしくない」とよく言われて育ちました。これは良い面で捉えれば「落ち着いている、大人びてる」であり、逆に取ると「子供の分際で屁理屈こきやがって生意気だ」という相反するニュアンスが混じっています。思い起こせば、確かに自…

承認欲求社会を生き抜く100の方法

(phot by szk) まずはじめに謝っておきますが、100もありません。フリッパーズ・ギターの「バスルームで髪を切る100の方法」という曲と、その元ネタとなったHaircut 100というバンド名をもじりたかっただけです。 さて本題の承認欲求社会についてですが、ま…

意識高い系はアルジャーノンの夢をみるか?

意識高い系という言葉は、すっかりお馴染みになっています。定義は様々でしょうが、主に高校や大学在学中から上昇志向が極度に強く、中には起業や団体を興したりする若い層を指す事が多いようです。 ただ、蔑称的ニュアンスとして使われているのが目立ちます…

想像力の創造と散歩と

(phot by szk) クリエイティブ、という言葉が頻繁に目につくようになって久しいです。クリエイティブ、クリエイターといったモノに、これほどまで注目を集める世の中というのは、今まで無かったのではないでしょうか。こうなった背景の要因には、Web2.0以降…

重上博客山

まずはじめに、一遍の詩を紹介しましょう。 『重上井岡山』 『井岡山ふたたび』 久有凌雲志、 天に登る志で 重上井岡山。 井岡山へふたたび登る。 千里來尋故地、 はるかより故郷を尋ねてみると 舊貌變新顏。 懐かしい所が様変わりしていた。 到處鶯歌燕舞、…