読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静夏堂

個人的考えのまとめ。主に音楽や本や映画とかアートとかについて

『ウォルト・ディズニーの約束』映画感想#1 〆ネタバレ有り

f:id:shizukado:20140406234018j:plain

マ・トンプソン&トム・ハンクス主演の映画『ウォルト・ディズニーの約束』を観たので感想を記しておきます。

まずはじめに全編を通しての感想を一言ですると「何かを創る、創りたい」という人は絶対に観るべきです。クリエイティブ云々といった言葉が散乱している昨今は尚更。
予想外に長く書いてしまったので、2回に分けての感想になります。
以下、例によってネタバレ含みますので、ご留意下さい。

 


ディズニー製作のかの名画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描いた伝記・ドラマなのですが、原作者であるパメラ・トラバースに焦点を当て彼女の少女時代の回想を絡めながら、映画化にあたってのウォルト・ディズニーをはじめとしたスタッフ陣との対峙と葛藤が描かれてゆきます。

時は1961年、『メアリー・ポピンズ』という文学史に残る傑作児童文学を書いたものの、老境に入りスランプに陥っている作家パメラ・トラバース。

そこにディズニーから映画化交渉の話が持ち込まれ、カルフォルニアに飛びます。

この冒頭から全編通じて彼女は、薄情でどこでも誰にでも皮肉をかます偏屈で超イヤな婆様です。
カリフォルニアに向かう機内でも、現地に着いても口にするのは愚痴ばかり。
親身なリムジンの運転手にも、無愛想ぶりを発揮します。

ディズニーが用意した一流ホテルに着き部屋に入ると、そこにはウェルカム!とばかりにディズニーキャラクターのぬいぐるみで溢れかえっている。
今でこそキャラクターで溢れたホテルの一室は大人にも喜ばれ人気がありますが、この偏屈な作家はそれに唖然とし、ぬいぐるみ達を片っ端からクローゼットへ無理やり押入れます。
やっと片付いたと思い寝室にゆくと、そこには巨大なミッキーがベッドに鎮座。
ため息をつき、彼女は片隅の窓際にミッキーを後ろ向きにして無造作に置きます。

そしてこの一室には彼女の神経に触るものがもう一つ。
それはフルーツバスケットに入っていた、梨。
彼女はその数個の梨を、ヒステリー気味に窓から放り投げます。

翌日、ディズニー社へ出向き、制作スタッフそしてウォルト本人と対面。
当初は、かのウォルト・ディズニーに迎えられ、さすがの彼女も少しばかり顔がほころびましたが、本題の契約の話になると一変します。
天下のアニメ制作会社たるディズニーに、『メリー・ポピンズ』をアニメでなく実写製作を要求。
そうでなければ映画化は絶対に認めない。
ここから、彼女の保守的な作家観が見え始めます。

いくらディズニーといえアニメというのは当時、低俗文化としての評価がまだまだ当たり前でした。
アニメは子どもが観るのが当然。

(これは欧米では未だ浸透している見解だし、我が国でも宮崎駿富野由悠季といった世代の作り手も一貫した姿勢です)。

 

さて、実写製作を何とか許諾させ、脚本家、作詞家、作曲家の3人を交えての企画会議がスタート。
ここでも、というかさらに彼女の偏狭ぶりはいかんなく発揮されます。
まず、全ての会議録をテープに録音させ、秘書らが次から次へと運んでくる食べ物を下げさせ(仕事の邪魔になるからでしょう)、そして準備されていた脚本、音楽へのチェックと訂正を絶え間なくさせてゆきます。というより、ダメ出しの連呼。

彼女には「餅は餅屋」という概念は無いのでしょう。

ただ、それは心血注いだ自作のためだからこそ。

そして、回想が往々にして交わってゆきます。
超偏狭な婆さんになったのとは打って変わって、妖精のような少女時代のパメラ。
そして広大な荒野が広がるオーストラリアの大地と、そこに慎ましくも幸せに暮らすゴフ一家(彼女の本名はヘレン・リンドン・ゴフ)。
特に彼女のお父さん子ぶりが描かれ、またこの父が後のキーパーソンともなります。
この父は、家庭を一番とする絵に描いたようなマイホームパパ。
しかし、時折チラつくアルコール瓶。

妹たちとも元気一杯楽しく過ごす日々が続くものの、母親は段々と疲労が顔に出てくるようになります。
3人の娘と赤ん坊の世話と家事。
1900年代初頭の母親の仕事というのは、今以上に重労働。
独身を貫き子供が居なかったトラバースさえも、「家事というのは大変な仕事」と劇中で言っています。
そして何より母親を苦しませたのは、夫のアルコールの量が日に日に増えてゆくこと。
その原因は、銀行員という責任の重い仕事です。

家庭では決して仕事の疲れを見せなかった父親が、やつれを見せ始めます。
そしてヘレン(パメラ)少女は、たまたま居合わせた父の仕事場で、怒鳴り散らしている父親の姿を目撃してしまう。
その後、気を取り直し美しい川沿いで娘とアイスクリームを食べるわけですが、父はウィスキーをすすっている。
これから起るであろう悲劇を象徴するようで、痛々しいシーンです。

話を製作時に戻すと、トラバースの製作陣へのダメ出しと要求は加速してゆきます。
当初は順従であったスタッフ達も、ついに痺れを切らしてゆく。
そんな状況を打破させようと、ウォルトはトラバースを夢の国ディズニーランドへ招待します。
しかし、ウォルト直々の招待にも拒否するトラバース。
なんで私があんな子供騙しな所へ行かないといけないのよ、といった感じに。
当時の事はといえ、あのディズニーランドに行きたがらない人が描かれているのは新鮮で面白いです。

それでも運転手の機転も手伝い、ランドへ連れてゆかれます。
そこにはウォルト本人の出迎えがあり、それを目にしたリムジンの運転手は感激します。
が、パメラはそんな特例にも相変わらず冷淡な素振り。
ウォルトを発見したファン達が押し寄せ、事前に用意したサインをテキパキ渡すウォルト。トラバースにもサインの要求が来るも、やはり皮肉を言いながら拒否。
そんな感じで、しぶしぶ園内を廻ります。
メリーゴーランドに一緒に乗ろう、とウォルトに誘われますが、これも拒否。
なんとか説得し、嫌々ながらようやっとそれに乗ります。
そのメリーゴーランドに廻りながら、彼女がやっと見せるほほ笑み。
そして、かつてメリーゴーランドで遊んだ少女時代の回想がフラッシュバックされます。

アルコールに塗れたヘレンの父親は、身体を痛めついに寝たきりになります。
家庭でも笑顔を絶やさなかったあの父親は、もはや居ない。
ヘレンが父を励ますプレゼントとして、学校で一等をとった詩をも破り捨ててしまう。
我に返ってもう一度その詩を読み返すと褒めるどころか、「イェーツには程遠いな」と皮肉を言ってしまう。
そして代わりに娘にプレゼントを要求したのは、アルコール。
お母さんにダメって言われてるから、と断るも、お父さん子のヘレンは結局アルコールを探し出してしまいます。

そんな状況に限界を超えた母親は、自殺未遂を起こしてしまいます。
幸福は過ぎ去り、ボロボロになった家庭。

そんな日々が続くある日、血を吐き青ざめた寝たきりの父から小金を貰い、ヘレンは梨を買いにゆきます。

帰宅すると、父親がついに亡くなっていた。
ここで、冒頭の梨に対するトラウマが伏線として繋がるわけです。

さて、ディズニーランドを廻り、スタッフ達とも分かり合えるようになってきた。

しかし、実写で製作するとの約束だったのが、アニメを使い出すという事が判明。
激昂しウォルトの元へ向かい、罵詈雑言を吐きながら契約破棄を一方的に申し付け、英国へ帰りだします。

空港にて終始パメラの運転手を務めたラルフと、別れの言葉を交わします。
そこで運転手ラルフは車いす生活を送っている自分の娘が、トラバースの大ファンである事を告げます。
そして彼女は「アメリカでの唯一の親友の娘へ」とサインをするのです。

また障害を持ちながらも偉大な事を成し遂げた人物として、アインシュタインゴッホ、そして付け加えのようにウォルト・ディズニーを列挙し、「娘に出来ないことはない」と励ますわけです。
劇中で、彼女が見せた唯一の優しさだと思います(回想は除いて)。


帰国しやつれ果てて自宅に帰り「ただいま」と言うも、返事する者は当然ながら居ない。
しばらく眠りについていると、ノックの音がする。

扉の向こうにはウォルトの姿が。

 

part2へ続きます。↓

『ウォルト・ディズニーの約束』映画感想#2,読解 〆ネタバレ有り - 静夏堂